リンパ、リンパ♪リンパリンパリンパ~

人間の身体は約60%水でできています。

これは成人の場合の平均値です。

身体に水が大切なことはおわかりいただける数字だと思います。

そもそもリンパって何?

血液には、酸素や栄養分を体中に運ぶ役割があるのは

ご存知の通りです。

それでは、リンパは何の役割をしているのでしょうか?

リンパ管は身体の下水管。

リンパは、体中から出てくる老廃物を受け取り

リンパ節でろ過させる役割を担っています。

体中にある約840箇所のリンパ節が

浸透桝の役割を担っているのです。

全ての老廃物が一気に臓器に集まると

処理しきれないから小分けにされていると考えた方が

わかりやすいかもしれません。

また、リンパ節では、リンパ球が作られ

細菌やウイルスをやっつけたり

がん細胞を退治したりしています。

リンパ球は闘ったあとは死滅します。

それらの死骸が、膿等になったりして

一時的にリンパ節に留まったりします。

このリンパの詰まりが

肩こり、腰痛、肥満、浮腫み原因と

なっているのです。

リンパ節を綺麗にすれば

痛みや肥満、浮腫みから解放されるのです。

リンパ節を常に綺麗にするためには

リンパ管に常にきれいな水を

流せる状態にしておく必要があります。

では、リンパ液は何で循環しているのでしょうか。

血液は60秒ほどで身体を循環していますが

それには心臓がポンプの役割を果たしています。

リンパ液も流れていますが、

身体を循環するには8時間から12時間くらい

かかると言われています。

リンパを循環させるは筋肉です。

リンパ管は血管とは違い

自動するので筋肉を使って循環させています。

このため筋肉を鍛えると

リンパの流れは良くなるわけです。

ところが、日常生活において筋トレが出来る方は

少ないのが現状です。

そこでリンパマッサージで

筋肉の代わりにリンパ管を循環させる

お手伝いをするわけです。

体内の老廃物をきちんと排出させる

デトックスを行うわけです。

その為には、特許のあるエッセンスを使用します。

施術と合わせてリンパ節に詰まっている老廃物を流して

リンパ管から体外へと排出させます。

リンパマッサージをすることで

リンパの澱み、詰りを無くすだけでなく

浮腫み予防や病気予防をすることも可能になります。

リンパマッサージでリンパ球を増やすことが

免疫力UPにも効果があることは

医学的にも証明されています。

但し、効果は人それぞれで

すぐに効果のある方、あまり効果が感じられない方

もいらっしゃいます。

例えば、台所の排水管を想像してみてください。

詰まった排水官も汚れが酷い場合はきれいにするのに

かなりの時間を要する場合があります。

それと同じでリンパもまた詰り具合によっては

数回の施術後に効果が現れる方もいらっしゃる

ということです。

また、一度きれいにしても

暫く経てばまた詰まってきます。

これも排水官と一緒ですから

お手入れする必要があることは

おわかりいただけると思います。

歯磨きのように習慣つけることで

1日3分でサッとリンパを流せるようになります。

これからの予防には『うがい、手洗い、リンパマッサージ』です!